Access 18955

あべひげ なんでも掲示板

なんでも書けっぇ。このっぉ。
旧掲示板旧アルバム



名前
Eメール
URL
題名
本文
本文の色 / / / / / / / /
ファイル
削除キー


無題 / コメントを書く
げん@ ちが@元バイト の夫 2010/01/09/Sat/01:00 (No.1501)

  安藤さん 色々とありがとうございます.
似内さん,新年会のご連絡,ありがとうございました.

私,新年会に家族一同馳せ参じる所存です.
僕が想い出として受け取りたいのはあべひげの「音」です.
うっちー(歌のお兄さん)が,休みを取れれば,あべひげでみんなで歌を歌って(例えば,スタンドバイミーとか,青葉城恋唄とか.誰もが知っていて賑やかであべさんが好きそうなやつを),音源として残したいのです.あべひげの,水道管のノイズや,製氷器から氷が落ちる音や,皆さんのざわめきと一緒に.

 上手いこといくかどうか分かりませんが,
やってみるから.あべさん,よろしく!

 そんなことを,新年会で,考えています.
 

にこたん 2010/01/09/Sat/07:43 (No.1502)

  おー!!それは素敵!!

阿部さんも喜んでると思うよ!!

気をつけてきてね。(^-^)/
 

ゆうみ / Eメール 2010/01/11/Mon/02:36 (No.1510)

  こんばんは。
ゆうみと申します。
17日の19時ころ、二名で参加させて頂いても宜しいでしょうか。

先日、あべひげさんの奥様にメールさせて頂いたのですが、ラジオ番組であべひげさんにご協力頂いた時のデータをご家族にお渡ししたいのです。

そんなにたくさんは無いのですが…最後の年の大切な声の思い出をお届けする事で、ささやかですがご恩返しができれば嬉しいです。
 

にこたん 2010/01/11/Mon/23:06 (No.1513)

  ゆうみさん、こんばんは。

わたしがレスするのもなんですが、もちろんおいでください。(^-^)

誰が元締めとか全然ない、いらっしゃるひとりひとりが同じ存在だと思います。

それぞれできること、やりたいことを持ち寄ることで、自分ひとりでは作れない空間ができていくのがあべひげでした。

当日お待ちしていますね。
 

ゆうみ 2010/01/11/Mon/23:54 (No.1514)

  にこたんさん

 温かいお返事ありがとうございます(^^)

ぜひ伺わせてください。
 

新年会パート2 / コメントを書く
安藤 2010/01/07/Thu/18:07 (No.1499)

  店の存続についてはいろんな意見が噴出しているようですが、新年会についてのご意見・ご希望がありましたらお聞かせください。

まずは時間ですよね。「早い時間からやってくれ」という声が上がりましたが何時からという指定はありませんでした。
4時ころから10時ころまでと考えております。

また、店主がおりませんので皆様が好きな酒とか肴を持ち込むという形式で行いたいと思っております。紙皿、紙コップは用意いたします。在庫のビールはご遺族より提供して頂くことになっております。

出来れば会費制にして1月分の家賃の足しにでもならないものでしょうか。最低1000円で上限無し。

来週13日ですが、葬儀をお手伝いいただいた方を中心に新年会の打ち合わせを行いたいと思います。安藤までご都合お知らせ願います。掲示板でも結構です。
 

にこたん 2010/01/07/Thu/22:14 (No.1500)

  安藤さん、ありがとうございます。

13日の打ち合わせ参加します。よろしくお願いいたします。m(_ _)m
 

ささき@元バイト 2010/01/09/Sat/21:44 (No.1507)

  13日の打ち合わせなどの参加はできませんが、16,7日はお手伝いします。
お掃除含め、元バイトしか知らない世界は任せてください。

『あべひげ』で飲むのは、カウンター裏が一番落ち着くんだろうな〜(コップ洗いながら)
 

にこたん 2010/01/10/Sun/07:00 (No.1508)

  ささきさん、心強いです。ありがとうございます。

そうなんです。お客さんでしかなかったから厨房方面のことはわからなくて・・・。

よろしくお願いいたします。m(_ _)m
 

あべひげ最後の宴 / コメントを書く
にこたん 2010/01/09/Sat/08:44 (No.1503)

   今月16・17日に予定されている「あべひげ」最後の宴について、思っていることをつらつらと書いてみようと思います。


 わたし自身はあの場所にもう阿部さんがいないのだということを受け入れられていると思います。



 今思うことは、阿部さんの愛したあの場所で阿部さんが愛した人たちが、自分自身の中で「あべひげ」を完了させるためにやってくる機会を阿部さんのスピリットにそって、意義深い(適当な単語が思いつかない)ものにするために、できることをしたい・・・ということです。

 
 当日は「飲み物、食べ物は各自持参」という案が出されていますが、これまで身一つであべひげに行っていたわたしは、飲み物はともかく「食べ物って何をどうすればいいんだ?」というのが正直なところ。

 今までは勝手に出てきていたんだから。

 ひとつ思い出したのは、あべひげのコロッケは朝市のコロッケだったってこと。

 あれだったらそのまま買ってきて、あべひげの味を味わってもらえる。

 でも、土曜日はわたしは仕事なので買いに行けないんだよねー。だいたい何人来るんだろう。

 

 そう、どれくらいの人が来るんだろう。かつて35人くらい入れたことはあったけど・・・。

 そしてどんな風にあべひげで過ごすんだろう。


 いろんな人がいろんな思いを抱えて来るんだろうな。


 わたしの周囲では「楽しく飲もうね」という声がほとんどだけど、もしかしたら泣く人もいるかもしれない。


 どんな人たちがいても、阿部さんを思ってのことなら全て受け止めてあげたい。

 あの店に集う人たちがお互いにそうあってくれるといいよね。


 そういえば、わたしもあの店で大泣きしたことがあったっけ。


 もうあの風景のあの店に入ることがないとなると、最後のライブとなったあのポスターは貴重品。

 ちゃらお氏の作ってくれたお客さんのいない店の風景と奥で寝ている阿部さん。

 あれをあべひげを愛する人たちの手元における何かの形にできないだろうか。・・・と思っていたら、星川母さんも同じこと考えてくれてました。

 
 集う人たちからもメッセージとかもらえないかなとも思ったけど、あれこれ注文つけるのはやめておこう。


 来る人それぞれがそれぞれの思いのままに集い、でも譲り合い、繋がりあってくれるといいな。それが阿部さんの望む姿だと思うから。



 みんなが仙台を離れていく時、わたしはいつも思っていた。

 みんなが帰ってくる時、わたしは阿部さんといつでもここに待ってるよって。


 16・17日には奥さんとお嬢さんたちもあの空間にいらしてほしいな。



 なんとなく胸の中にあったものをつらつらとことばにしてみたら、わたしの方向性も見えてきました。

 詳細は13日の打ち合わせ後、あらためてお知らせしますね。

 「いつ行きます」とか、ご希望・アドバイス等ありましたら、 是非お聞かせください。o(^-^)o
 

安藤 2010/01/09/Sat/10:24 (No.1504)

  にこたん、ありがとうございます。

13日の打ち合わせの場所と時間です。
『ラブミー牧場』で7時ころからにします。よろしく!!

人数は把握できませんね。でも、以前にダブルブッキングされて階段で呑んだこともありますから『心配すんな、このー』ってね。

円も明後日成人式なのにって思ってしまうな〜
あの笑顔の遺影と奥さんたちも来てくれるよ。時間は負担をかけないように2〜3時間だよね。

正月に久しぶりに会うために集まった同窓会みたいに楽しくやりましょう!! 
 

ほしかわ母 2010/01/09/Sat/11:48 (No.1506)

  安藤さん、にこたんさん、ありがとうございます。
13日、参加できそうです。(用事がなくなりました。)
よろしくお願いします。
 

16日 参加させてください。 / コメントを書く
佐藤 博幸 2010/01/09/Sat/10:44 (No.1505)

  16日の会,参加させていただきます。料理,揚げ物でも持っていきます。唐揚げか一口カツでも。大皿1枚程度ぐらい。
お店の物に関してですが,TV横に在ると思うのですが,「春が来た」(松田優作・桃井かおり主演。向田邦子原作)のDVD,私のです。秋ごろ,阿部さんに「このDVの上映会したいんだけど・・・。2時間くらい貸切にできる?」「いいよ。いつでも。」という約束をしていました。阿部さんにも是非ご覧くださいとお勧めしていたのですが,11月時点で「まだ,見てないなあ」とおっしゃってらして,多分今も封を切っていない状態ではないかと・・・・。いい作品なんですよ。上映会さっさと行わず,後悔しています。
 

ご焼香 / コメントを書く
あべひげ家内 / Eメール 2010/01/02/Sat/12:09 (No.1496)

  あわただしく新年が明けましたが、みなさまにとって
良い一年になりますようお祈り申し上げます。

これからちょっと出掛けますが、小夜花が居りますので
自宅にご焼香に来ていただくご予定の方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いいたします。
雪は解けているようです。
むさ苦しくしておりますが、ご容赦ください。
 

無題 / コメントを書く
佐藤 博幸 2009/12/31/Thu/22:32 (No.1494)

  今だに信じられません。
ただ悲しいです。
最後まで自分を誇らず,弱音を吐かず,心優しく,まさに男の中の男でしたね。もう,こんな人とは会えないかも知れませんね。九月の公演も,観に来てくださってありがとうございました。その前の公演も。
正直,少しは弱音を吐いて欲しかったですよ。
・・・・サヨナラ。
 

無題 / コメントを書く
苫米地サトロ 2009/12/24/Thu/15:49 (No.1459)

  1992年秋、17時から午前2時まで入れ替わり立ち替わり延べ70名が参加した結婚祝い飲み会をしました。終始誰かが歌って弾いていて大騒ぎでしたが、その日は次女さやかさんが生まれた当日で、あべさんは帰りたかったのに、状況がわかっていなかった僕は甘えてしまい、本当に申し訳ありませんでした。後日支払いに行くと、「10年前はあんな馬鹿な宴会いっぱいあったけど、ここ10年なかった。仙台にもまだこんな馬鹿がいたなんて俺はうれしい。」と励まして下さり、自信を持ってしまいました。それが最初の僕のあべひげ宴会です。本当に何年も何回もお世話になりました。ありがとうございました。あべさん。  

苫米地サトロ 2009/12/25/Fri/08:08 (No.1468)

  先述の宴会の話は正しくは1991年の出来事でした。訂正します。あの日はご家族の皆さん本当にごめんなさい&ありがとうございました。あのあと生まれた娘2人(高1、小3)を連れて、吉田圭とともに、お別れに参ります。  

苫米地サトロ 2009/12/31/Thu/20:20 (No.1493)

  先述の宴会の夜はさやかさんはまだ生まれてなくて、1歳半の長女まどかさんが具合が悪いという夜だったとのことです。お通夜でまどかさんに確認しました。訂正します。あの宴会のときに、僕はこの人について行こうと甘えた考えを持ってしまったのですが、その時のあべさんは、今の僕より7歳も若い38歳位だったのです。お通夜で和尚さんが言った「考えるだけではダメです、実践してください。あべさんから受け取った優しさを、皆さん、次の人に与えて、つなげてください。」というメッセージが、宿題のように僕にのしかかります。もう甘えてはいられないみたいです。あべさんに聞いてもらうのではなく、聴いてあげる人にならなくてはならないのではないかしら。「お前の好きなことをやれエ!」と若い人に言ってあげる人にならなくてはならないのではないかしら。あべさんのかわりに。僕があべさんから受け取ったものを次の人に手渡さなければならないのではないかしら…。あべさんと会って19年の僕は、2009年の大晦日にこうして考えています。あべさん、ありがとうございました。  

心からお礼申し上げます。 / コメントを書く
あべひげ家内 / Eメール 2009/12/31/Thu/19:50 (No.1492)

  去年の今日は 「私は第九を!」「K-1見るんだよ!」と喧嘩
しながらリモコンを取り合っていました。
それでもお蕎麦を食べながら、小林幸子や美川憲一のお衣装
にケチをつけて「良い年になるように」祈願してお正月を
迎えましたが、まさかあべひげのいない大晦日になるとは
思いもしませんでした。

暮れの忙しい時期に 本当に皆さまにはお世話になりました。
あべひげの葬儀などの為に、皆さまのご予定や、ご計画に
多大なご迷惑をお掛けしたことと思います。
本当に申し訳なく、同時に心からありがたく思います。
本当にありがとうございました。

「ま、かんべんな。」と言うだろう あべひげに免じて
ご容赦くださいますよう切にお願いいたします。

まだまだお礼なども申し上げていない皆さまには
本当に失礼をしております。

どうかご容赦ください。

皆さまにはどうぞ良いお年をお迎えなさいますように・・・

本当にありがとうございました。
 

がんばった / コメントを書く
あべしげ 2009/12/30/Wed/18:18 (No.1491)

  いとこです

皆様、本当にありがとうございました。
立男(あべひげ)の母親(私のおば)は立男よりも20日早く旅立っていました。
親よりも早く旅立つまいと頑張ってくれました。
最後の親孝行です。

今、彼は大好きな母親と一緒に天国への階段を登っていることでしょう。

本当にお世話様でした。
 

愛別離苦 / コメントを書く
安藤 2009/12/30/Wed/17:39 (No.1490)

  ヒゲはどこに行ってしまったんでしょうね。

通夜の席で和尚さんがおっしゃってた『愛別離苦』

人も物もそして場所ってのもそうなのかな。

まだ生きてるような気もするけど・・・

ヒゲが遺してくれたものって『偉大ないい加減さ、人を優しく包み込む』、それを忘れず同じように他人に接することが大事なんだよね。
 


- Web Contribute ver 3.25 -